FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2006.02.20(月)

藍染と生活。

藍染。
ジャパン・ブルーとも言われるその青さ。
着物として、着たことは無いのですが、
とても素朴なような、気品があるような。
不思議な雰囲気を持っています。

ただ、きれいだなと思うだけで
あまり詳しいことは知らないことに気づき。
これではいかん。ちょっと調べてみようかな、と。
こんな気持ちになったのは。

最近ブログでお邪魔した着物屋さん、冬古さん(昔の着物を扱っているお店)が、きっかけです。
いわゆる「アンティーク着物」
ただ、今流行りの銘仙とか、大正ロマン・・・とかそういう類のものではなく。
木綿の着物や、生地なんかを扱っていらっしゃいます。
どちらかというと、普段着。
そこに、また魅力があるのです。

普段着なので、藍染めのものが多いような気がします。
そこで、「ん?藍染って・・・なんだったかな?」と、思ったわけです。

詳しい話は、かやぎやさんが正藍染と言うページで書いているのでご紹介します。

古くは飛鳥時代に日本に伝わった、藍。
江戸時代の産地は阿波の北方と言われる、吉野川流域。徳島県です。

ただ、紺屋と呼ばれる染物屋さんは町に1件はあったそうで、
人々は、普段着をそこで染めて・・・着て、
薄くなったら染め直し・・・を繰り返して着ていたそうです。
藍はそれ自体が薬として使われたほか、藍染にすると防虫・消毒の効果がある・・・ということから
生活には欠かせないものだった様子。

確かに、着物には「洗い張り」とか「染め直し・染め返し」という作業があります。
けれど、今どれだけのヒトがそうやって着物を着ているだろうか・・・
実は、わたしはまだやったことがありません。
安い浴衣なら、ほとんど使い捨て。
着物だって・・・プレタのようなのを買ってしまうと、やっぱりそうなるかも。
もちろん、使えるまでちゃんと着ますけれど。
ただ、いかに昔は大事にモノを着たのか、というのがありありと伝わります。
すごいな、と思うのです。

だからと言って、使い捨てが悪いからどうだとか
昔に返ろう、とかそんな話ではなく。
ただ、モノを大事にしてたんだな、と知っておくことで
その分、今着てるものを大事に出来るような気は、するのですが。

藍染は、見た目だけではなくて、生活の知恵。
だからこそ、きれいなのかな・・・なんて思ったり。
生活に即したものは、
美術品とは違う、美しさがあるような気がします。
スポンサーサイト
スレッドテーマ:平成キモノライフ ジャンル:ファッション・ブランド
│posted at 21:52:04│ コメント 4件トラックバック 0件
≫コメント 
なんだか日課になりつつありますよ、
せんとさんのとこに顔出すの(笑)。

実は私も最近は木綿の着物に興味津々。
割と安価で自分での扱いも出来そう、となれば
自然と目が向くのかも知れませんねー。
せんとさんほど藍染について掘り下げてみようとまでは思い至らなかったですが…オハズカシイw

私の買ったデニム着物も木綿の一種。
肌に馴染む・体に添うように、私も気軽に
着たいなーって改めて思いました。
明日は友達が来るから、デニム着物でお出迎えしようかな♪
ちょん│URL│posted at 2006-02-20(Mon)23:08│編集
>ただ、紺屋と呼ばれる染物屋さんは町に1件はあったそうで

「紺屋の白袴」=「医者の不養生」「髪結いの乱れ髪」と同義。布を紺色に染めるのを仕事とする紺屋が、自分の袴も染めないで、白袴を穿(は)いているということ。
1.他人のためにばかり忙しく、自分のことには手が回らないこと。
2.いつでもできるにも拘(かか)わらず、放置しておくようなことを指摘する言葉。

「紺屋」と言っても「それ何?」と、諺が通用しない現代。
でも町内に一軒は紺屋があった昔なら、とても分かりやすい諺だったんでしょうね(^^)

木綿のきもの風合いは私も大好きです。
先日も片貝木綿の無地染めをオーダーしたばっかり^^;、出来上がりが楽しみです。
ひいろあかり│URL│posted at 2006-02-21(Tue)00:29│編集
毎日来てください(*^-^*)毎日待っております♪
デニムも、いいですよね。最近流行っているようで
ちらちら見かけます・・・
まさに普段に使えるし、お手入れも楽そうだし、
家で簡単に洗えて、崩れなそうだし。
やっぱり、普段着は、そうでないと、ですね。
わたしも、デニム着物欲しいな・・・。
こんな時に、ぱっと縫えるといいのにな(笑)
せんと→ちょんさんへ。│URL│posted at 2006-02-21(Tue)23:19│編集
紺屋→こんや・・・だと、しばらく思ってました(笑)
読めもしない・・・だいぶ、まずいです。
私だけが、こうならいいですが、
そうでもないと・・・悲しい。

片貝木綿。
あ、なんだか、素朴だけどすごく、着やすそうですね♪
縞とか、格子が多いような印象を受けましたが
無地染めは、珍しいのですか???
出来上がりが楽しみ♪
画像、出来たら載せてくださいね☆
せんと→あかりさんへ。│URL│posted at 2006-02-21(Tue)23:53│編集
≫コメントを書く







 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
≫トラックバック 
●この記事へのトラックバックURL

●この記事へのリンクタグ
プロフィール

せんと

Author:せんと
名  前:せんと。
生活環境:呉服屋のムスメとして、
     生まれました。けれど、
     跡継ぎにしよう・・・と
     育てられたわけでは無く
     詳しい知識は皆無。
     今は、ただの和モノ好き。

将来の夢:着物と洋服、両方を
     普通の生活で普通に着る。
     だって・・・
     着物もスカートも
     どっちも好きだもん。     
     で、いつか・・・
     立派、じゃ無くていいから
     普通の呉服屋に、なる。
     信頼される、呉服屋さんに。

 
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。