スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2006.03.07(火)

春が来る。越後上布。

YAHOOでニュースを見ていたら。
<春の風物詩、越後上布の雪さらし>という記事がありました。

越後と言えば、新潟。
新潟といえば・・・先ごろの地震が思い出されます。
それにもくじけず、こうしてまた
伝統的なものが続いていくのは、その土地のヒト達の
努力、なのだろうと思います。

ところで。
越後上布とは何だろうか。

塩沢・・・とか、あんなのとは違ったんだろうか???
相変わらず、あいまいな知識。
これをきっかけに。ちょっと調べてみます。

越後上布とは何ぞや、と。

越後地方の織物。
古くは、正倉院に麻布が収められているのが発見されています。
つまり1200年前には、すでにこの地方で麻が織られていた
ということになるのです。

詳しくは、コチラをご覧ください。
越後上布についてのさまざまが載っています。

では。
塩沢紬と越後上布とはどう違うのか。

簡単に言うと、塩沢紬は
越後上布の織り方で作られた紬です。
苧麻の代わりに紡ぎ糸で織られている紬。

では、本塩沢はというと。
紡ぎ糸ではなく、撚糸で織られているもの。
撚糸で織られているために、織りあがったあと、
湯もみにより、撚りが戻り「しぼ」が出るのが特徴です。

この地方の人々は、11月中旬から5月頃まで
雪に閉ざされた生活を余儀なくされていたそうです。
しかし、その生活のおかげでのは発展したのだといいます。
雪に閉ざされた生活。
その外部から閉ざされ、孤立した生活の中で
生計を立て、仕事をする。
その手段として、この地域のヒトは織物を選び
半年もの長い間、越後上布を織って雪解けを待ったのです。

それを考えると、この<雪さらし>と言うのは
私が思う以上に、嬉しい作業だったかもしれません。
これが終わると、もうすぐ春が来る。
雪が解けて、長い長い雪の中での生活から開放される。

春の訪れを感じる作業。

雪国のヒト達は、今の私よりももっと
春を強く感じていたのかもしれない・・・
冬が厳しいからこそ、より強く。
スポンサーサイト
スレッドテーマ:平成キモノライフ ジャンル:ファッション・ブランド
│posted at 01:45:58│ コメント 4件トラックバック 0件
≫コメント 
あかりさん経由で来ました。
私は紬のことは分かりませんが、
京都できもの(手描友禅)の仕事を
しています。最近はお直しの依頼もあり、
ブログで紹介しているんですよ。
よかったら、見て下さいね。
リメイクママ│URL│posted at 2006-03-07(Tue)12:14│編集
先日の日記に書いてたショップで塩沢紬置いてましたよw
せんとさんのブログを読んでたので どんなの?とか聞かなくて OKだったのが嬉しかったわぁ^^
今年は雪も多くて大変だったけど その分 本当に春が待ち遠しいのですよ
冬場の機織は大変だと母から聞いてます 雪さらしは 春への期待 本当にそうだと思いますよ^^
手鞠│URL│posted at 2006-03-07(Tue)20:41│編集
いらっしゃませ♪来て下さって、ありがとうございます!!!
ブログ、見に行かせていただきました。
リメイクママさん、お名前から
着物をリメイクして、何かを作るのかなーと
勝手に思い込んでいましたw違いましたね。
お直し、ああいう形でも出来るんだ・・・
初めて知りました。
わたし、何も知らなくてお恥ずかしいですが、
ぜひ、また遊びに来てください!!
せんと→リメイクママさんへ。│URL│posted at 2006-03-08(Wed)00:10│編集
わぁ。ひょっとして、ちょこっとだけでも
お役に立てたのかなぁ・・・???
だとしたら、すごくすごく嬉しいです♪
ありがとうございます(*^-^*)

手毬さんのお母さま、手織りをされてたのですか・・・??
もしかすると。
もしそうならば・・・すごい・・・
手毬さんも、見た事ありますか??
わたしは、話だけで全然見たことはないのです。
せんと→手毬さんへ。│URL│posted at 2006-03-08(Wed)00:12│編集
≫コメントを書く







 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
≫トラックバック 
●この記事へのトラックバックURL

●この記事へのリンクタグ
プロフィール

せんと

Author:せんと
名  前:せんと。
生活環境:呉服屋のムスメとして、
     生まれました。けれど、
     跡継ぎにしよう・・・と
     育てられたわけでは無く
     詳しい知識は皆無。
     今は、ただの和モノ好き。

将来の夢:着物と洋服、両方を
     普通の生活で普通に着る。
     だって・・・
     着物もスカートも
     どっちも好きだもん。     
     で、いつか・・・
     立派、じゃ無くていいから
     普通の呉服屋に、なる。
     信頼される、呉服屋さんに。

 
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。